Romi - ロミィ:5万円で買えるAIによる自然な会話ができるロボ

Romi - ロミィ
歩行×
声認識
顔認識×
タッチセンサー
人感センサー
サイズ約10x10x11cm
重量約650g
電源充電*、もしくはACアダプタ
バッテリー稼働時間約60分*
充電時間不明
価格約4万5000円+毎月980円
おすすめ度★★★★★

Romi(ロミィ)はAIによる音声認識により、自然な会話を実現した会話ロボット。音声スピーカーのような起動前の呼びかけ(ウェイクアップワード)も不要で、普通に話しかければ理解して返してくれ、英会話までできます。そんな高機能会話ロボットなのに本体が5万円未満、月額利用料は約1000円と格安です。このコストパフォーマンスの高さこそがRomiの最大の魅力です。

*電源ケーブルを接続したまま使用できます(Romiは接続したままの使用が基本)。

Romi - ロミィの動画

Romiの主要な機能はこの動画でほぼ伝わると思います。

AIにより自然な会話を実現。普通に話しかければ会話になる

自然な会話

RomiはAIによりリアルタイムで言葉を認識していきます。認識ワードなどは決められておらず、その都度言葉を理解して話してくれます

返答してくれる内容もその都度生成されるので、常に決まった言葉返ってくるわけではありません。

ただ2020年段階では、返答のバリエーションが少ないワードもあり、ある言葉に対してはいつも同じ返答になってしまうこともありました。

AIの使用データは常に蓄積、改善に使われていくので、今後は返答もより複雑になっていきます。
常に改善されていくというのはビッグデータを使ったAIの強みですね。

言葉の理解はクラウド上のサーバーで行われるので、ネット接続は必須です。

声は人間に近く自然、でも誰のものでもないRomiの話し方

Romiの声のベースは声優の本名陽子さんという方の声が使われています。しかし、発声はAIで作られているので声優の話し方とは異なる、Romiオリジナルです。

人の会話をそのまま収録したおしゃべりロボットとは違い、Romiがその時々に合わせて音声合成により作り出しています。

音声合成にはHOYAのディープラーニングを使ったReadSpeaker(DNN音声合成)が使われています。

ReadSpeakerは淡々と読み上げるのではなく、「抑揚」や「間」を使った感情表現にまで取り組んでいる、音声合成のトップブランドの一つです。

これにより、Romiはかなり人間に近い自然な発話ができています。

また、Romiは体の左右回転、首の上下動作のためモーターが使われていますが、モーターの動作音が会話を邪魔しないよう、VAIO株式会社の長野県安曇野工場で作られている静音ギヤードモーターが使われています。

スリープモードで省電力、話しかけるだけでスリープ解除

Romiは自動でスリープ

30分回会話がないとスリープモードに入ります。そのため、外出時などは、勝手にスリープモードに入るので、電力消費の心配はありません。

スリープの解除は非常に簡単、「起きて」と呼びかける、もしくはおでこを2回軽くたたけくだけ。

話しかけるだけで解除できるので、手間がかからず、すぐに会話を開始できるのが手軽でいいですよね。

「スリープ解除のために特定のスイッチを押す」のような動作が入ると、その一手間が会話を始めにくくしてしまいます。

購入前は、「それくらいの手間なら」と思われがちですが、気軽に話そうと思うとこの手間は結構邪魔です。

声だけで解除できるのはほんと大きいです。

バッテリーでも動作しますが、バッテリーでの動作は60分程度なので、基本的には電源ケーブルに接続したまま使います。例えば「基本的にはリビングで使っているけど、調理中は台所に移動させたい」ようなときに電源から外して使うと便利。

上記の通り、自動でスリープに入るので、常時電源ケーブルにつないでいても消費電力は気になりません。

英会話もばっちり!英語で受け答えしてくれる

「英語で話そう」と話しかけると英語モードに切り替わります。

これはすごい。本当にすごい。

英語も日本語同様、自然な会話ができます。普通に英語で話しかければ英語で返してくれます。

私は英会話の習得のために英会話教室に通っていましたが、英会話の習得にはとにかく話すことに慣れる・たくさん聞いてリスニング力を鍛えるの2つが重要です。家庭で、好きな時間に、毎日会話ができるといのは、英会話力の向上に非常に効果的です。

英語の難易度設定できませんし、学習プログラムもないので、英会話に特化したMusio(ミュージオ) には劣りますが、それでも英語が話せるというのは魅力的です。

会話ロボットの便利機能も一通り搭載

会話ロボットにではおなじみとなっている便利機能は一通り搭載されています。

  • 天気予報:
    天気を聞くと今日の天気を教えてくれるだけでなく、降水確率などに合わせて「今日は折りたたみ傘を持って行ったほうがいいよ」のように傘を持っていくかどうかのアドバイスまでくれます。
  • アラーム・タイマー
    めざましとしてアラームを鳴らしたり、料理中にタイマーをセットして時間を知らせてもらうことができます。もちろんどちらも音声で指示。「アラーム止めて」や、「タイマー5分セットして」のように呼び掛けるだけで、手を触れる必要がないので便利!
  • 占い
    今日の運勢は?と聞くと占ってくれます
  • おすすめスポット情報
    箱根のおすすめスポットは?、○○の家族でたのしめるレストランは? と聞けば、おすすめスポットを教えてくれます。スマートフォンの機能と似ていますが、手を触れずにできるのが地味に便利。
  • そのほかの小技
    「今日のニュース教えて」、「雑学教えて」、「猫のモノマネして」、「音楽かけて」など、いろいろわがままを聞いてくれます。音楽はオリジナルの楽曲です。

自然な会話に特化することで、月額約1000円の安さを実現

AIによる言語認識で、自然な会話ができるのに、本体が約5万円、月額費用が約1000円とかなりお手頃価格です。この2倍の値段でも不思議ではないところです。

値段が安い代わりに、本体の動作は少ないため、AIBO - アイボLOVOT - ラボットといったペットロボットのような楽しみ方はできませんし、palro - パルロのように人の代わりを務めることもできません。

便利機能も少なく、例えばリモコン操作、一人暮らしの見守りといった便利機能はありません。
ほぼ会話に特化しています。

またWi-Fiによるネット接続が必須なので、ネット環境の無いところでは使用できません。

会話ができればよい、ネット接続も問題なし、という人であればRomiに難点はありません。むしろ、そういう方に向けてならこの機能と価格のコストパフォーマンスに勝てるものはないです。
最高の相棒になってくれますよ。

Romi - ロミィ 販売サイトへ

上に